よしのちゃん@べんきょう部屋【司法試験】

社会人の司法試験受験生による勉強記録。勉強したこと、試した勉強方法などを淡々と記録します。現在は法律が中心です。

辰巳全国模試の振返り⑤(短答式試験)

いよいよ最終日は、短答式試験の日です。順に、民法憲法、刑法。

民法の着席時間9:30〜刑法の試験終了時間15:05で、これで試験は終わります。

 

※辰巳の全国模試の振返り記事は、書き終わった順に①〜⑤まで順不同で公開しています。

 

▼目次

 

5日目全体

◆寝すぎはダメ絶対

5日目の一番の失敗であり、本番は絶対に気をつけようと考えていることは、前日までの論文が疲れてたくさん寝すぎて、1科目めの民法で頭が回っていなかったことです・・・

いつもならそこまで悩まないであろう肢でも「あれ?」と迷ってしまい、実際の点数も普段の1割は下がってしまい、コンディションて本当に点数に影響するんだなと痛感しました。

(どうやら私は7時間以上寝ると寝すぎてダメなようです)

 

◆本番の4日目刑事系終了後〜5日目朝の予定

4日目は帰宅後すぐに短答モードに切り替えて、各科目のノートと条文を読んで0時までに就寝し、7時に起床して朝はよく間違える肢のまとめノートを眺めてから行こうかなと思っています。

 

◆5日目の休憩時間の過ごし方

短答の日は、お昼休みに当たる1時間程度の長い休憩が憲法の後で刑法の前にあります。

私は憲法よりは刑法の勉強に時間を使いたいので、お昼は憲法の前と刑法の前で、分けて少しずつ食べることにしようと決めました。ということで本番は分食しやすいパンなどを持って行こうと思います。

 

民法

個人的に民法は時間管理が一番の課題でした。

相変わらず債権総論までに時間をかけすぎるきらいがあり、債権各論・家族法をかなり駆け足でやる羽目に・・・

物権変動、多数当事者の債権債務関係といった登場人物が多く登場する問題や、要件事実など整理が必要な問題を手早く処理する訓練が必要です。

 

それから、組み合わせ問題の正答率を上げること、知識だけですぐに切れる肢を瞬時に切れるように、条文判例を中心に基礎知識を確実に仕上げていかねばと。

 

これまでは択一六法と肢別本に書き込むことが多かったのですが、これに加えて判例六法ももっと読んでいこうと思っています。

有斐閣判例六法 平成29年版

有斐閣判例六法 平成29年版

 

 それから、横断的な知識の整理が必須ですね。これは択一六法の表などを参考にして進めていこうと思います。

 

これから本番までは民法中心でいきます。

 

憲法

憲法は安定して8割とるのが難しいですね・・・

 

ここから1点でも上げるために、

 

・統治の条文読み

各機関の権限、学説などは択一六法のまとめ表を参考にして行きます。

 

・百選を読み直す

事実関係(特に射程との関係)、保護範囲(主張された具体的な権利、憲法で保障されるか、理由)、制約の認定、審査基準、あてはめ(重視された事実など)、結論をおさえながら通読しようと思います。

 

・重判を最低3年分読む

もうすぐ新しい重版発売されるんですね。買います。

平成28年度重要判例解説 *1

ちなみに辰巳の模試では新しい判例の問題もきちんと出題されていて、本試験ぽいなと感じました。

 

刑法

刑法は多分とても簡単でした。平均点はかなり高いのではないかと予想しています。

そういう意味で、模試はあまりあてにせずに、現実的な分析をする必要を他科目よりも感じています。

罪数、刑罰(再犯加重なども含めて)、マイナーな罪は詰めていく必要がありそうです。

 

択一論文問わずに総復習に使っているのが山口青本なのですが、これはまた通読します。

刑法 第3版

刑法 第3版

 

 

本番までにやること

・肢別本のよく間違える肢をやり直す・解説を読む

・過去問を毎日1科目時間計って解く

・過去問の間違えた肢をやり直す

・肢別、過去問で3回間違えた肢をワードにまとめ、間違いノートを作っていく

・1日1テーマ決めて苦手を潰していく(理解できていなければ基本書を読む)

・寝る前に条文を素読する(30分、あるいは条数を決めて)

・寝る前に間違いノートを見直す

 

個人的にはやはり民法ですね。民法は短答の勉強が論文でも活きやすいと思うので頑張って1点でも多く取れるように基礎知識を正確にしていきます。

*1:ジュリスト臨時増刊

答案添削のコメント(民事系)

添削をしてもらったので、コメントをメモ。

 

  • はじめに必ずやること。配点を参考に、各設問にどのくらい書くべしと要求されているのか推測し、「何枚まで、何分までで書く」と決め、設問番号の横に書き込む。
  • 1つの設問の答案構成をしたら、各争点をどのくらい書くか決めて、厚く書く争点(要件)にマークをつけておく。
  • この時点で、解釈や結論で迷ったら、他の設問との関連も考えながら「決め打ち」する。「全体で一応の水準ならよい」と割り切る。
  • 「について」「としては」「と考えられる」などはいらない。書かなくてもすむことは極力書かない。
  • 抗弁が主な争点だとしても、「〜の請求は認められるか」という問いの場合には、請求原因も簡単に触れること。(挨拶程度でよいが、この軽い挨拶があると印象がいい)
  • 要件の先出し羅列→ひとつひとつ認定してると時間なくなる。問題なく認められる要件は、あてはめながら冒頭でひとまとめにあてはめしてしまう。
  • 思考の順番は、「原則から例外へ」に徹底すること。答案構成も必ず分けて書いておく。
  • 民訴で必ず守ること。訴訟物を明示する」「定義を示す」「問題になっている実体法の権利義務の性質が、民事訴訟でどう考慮されるかを示す」「原則と例外、例外が認められる必要性と許容性の観点から問題分析をし、答案で表現する」「判例の射程の問題は、事案の共通点と相違点を特定し、本件ではその共通点が妥当するかを書く」

 

主に民法と民訴で、「答案に軸をもて」と強くアドバイスされました。

このアドバイスをものにしたら、安心して書けるようになりそう。

 

早速明日は民訴を書き直そうと思います。

 

答案は、添削をしてもらったあとに「書き直す」ことで磨かれる気がするので、ひとつひとつものにするように頑張ります。

【あと71日】明日の勉強の予定をここで宣言してから帰るのが思った以上に有効だった

久しぶりの更新になってしまいました。あっという間に残り70日を切ろうとしています。

計算してみたところ、もう1科目1週間とちょっとしか勉強できません。

ここからも変わらず、やってきたことの復習と、基礎の基礎を繰り返し叩き込むことと、答案で表現する訓練を積み重ねるのみだと思っています。

 

タイトルの件ですが、明日の勉強予定を書いてから帰っていた頃の方が効率が良かった気がしたのでまた始めてみます。

 

3月8日(水)の勉強予定

  • 昨日の復習(30分):主に時効
  • 刑法の答案を書く(2時間):定義はシンプルに。争点になる部分以外は趣旨から書かないと決める。あてはめでは必ず評価を積み重ねて事実認定すること。
  • 択一300肢(3時間):民法。見直し含む。
  • 論点解析 経済法(14問):答案構成のみ。定義を書けるか、判例を想起した上であてはめに活かせるかを中心に確認。まとめノートに適宜追記。

 

そういえば選択科目は経済法です。

今は論点解析といういい演習書が出たので、勉強がかなりしやすくなりました。

  

ちょっと経済法はご無沙汰感があるので、条文をしっかり引きながら感覚を取り戻そうと思います。

金曜日に選択科目の答練があるので、水曜、木曜でなんとか経済法を1周します。

 

刑事系の日は8時半集合、9時着席で、9時半から開始なので、明日はこれに合わせてみます。

8時までに自習室に来て、8時半までに昨日の復習を終わらせ、9時半までは刑法の構成要件を復習し、9時半から論文を書こうと思います!

 

では、条文素読と暗記をして0時までに寝ます。

 

【あと79日】3日前後で1科目を回すサイクル

とうとう80日を切りましたね。

そして、なんとなく久しぶりの記録になってしまいした。

 

2月にやってみて、よかったと思っている勉強について書きます。

 

↓目次

 

答練をペースメーカーにしながら、アウトプット中心に総ざらい→インプット復習→解き直し

私は辰巳のスタ論を受講しているのですが、各科目系統(民事系、とか)ごとに1クール3回ずつ初見の問題を解く機会があることになります。

基本的には1週間に1科目系統は答練があるペースで進みます。

 

勉強はやはり繰り返し・振り返りが重要で、やりっ放しを防いで、「やったことは必ず一つ一つ身につける」ために、勉強のサイクルを決めてやってみたら割と自分に合っていたので、3月もこのサイクルで進めていこうと思っています。

 

  • 1科目3日前後で、アウトプット中心に全体を総ざらいする(目標としては、その週の答練に間に合わせるイメージ):演習書、趣旨規範本、まとめノート
  • 1回目の答練を受けたら、論点だけでなく問題分析力・基礎知識の正確性・答案表現力・時間管理など総合的に振り返る。自己添削をした上で、合格者にも添削してもらう:ぶんせき本、合格答案
  • 次の週は、アウトプット中心にした総ざらいで発見した穴を潰したり、答案で使いやすい表現で規範をまとめたり、インプット中心に復習しながら、知識を答案で使える形に修正していく:基本書、判例集、演習書、合格答案を使って、趣旨規範本やまとめノートを修正加筆
  • その週の答練では、前回の答練の反省を活かした起案を心がける。振り返り等は同様に行う。
  • ちなみに答練の問題は、添削と振り返りをした後に、もう一度解き直します。
  • 1科目系統の答練が終了したら、1〜2日で基本書を通読する(これが定着度に大きく影響している気がする)

 

このやり方は、1科目を2週間で2回は回せることになるのがいいところです。1週間後に繰り返せば、前にやったことをまだ覚えているので、定着度がいいように感じます。

 

ただ、アウトプット中心に展開をしていくと、どうしてもつまみ食いになってしまうんですよね。1科目系統が終わった後に仕上げに基本書を通読するというのが結構効いている気がします。「つながる」感というか。

通読をすることで、点や線が立体的に組み立っていき、しかも抜け漏れを防いで記憶も助ける「フタ」をしてくれるような感じもあります。

 

3月、4月の段階でも同じ本を通読したら、また見えてくるものが違うのかもしれません。

 

択一はテーマを決めて苦手を中心にインプットで固めていく

基本的なサイクルとしては、以下のような感じで進めています。

  • 毎日300肢ずつ解く
  • 間違えた肢の解説のポイントにマーカーを引いていく
  • 寝る前にその日やった肢の解説のマーカーだけバーッと見返す
  • 翌日の朝、間違えた肢だけ解き直す
  • その後にまた解説のマーカーを見返す
  • 2回間違えた肢が多い分野は、集中対策項目として、別途基本書を読み返すなど対策をとる

間違う肢はだいたい分野が決まってくるので(執行猶予とか、収賄とか)、苦手な分野は基本書を読み直します。

 

この基本書の読み直しが必要な分野についてはメモをしておいて、1日1テーマずつ復習していっています。

例えば今は刑法をやっているのですが、昨日は「執行猶予」を、今日は「毀損」「収賄」「強盗・強姦と致死傷周り」を復習しました。

 

復習は基本刑法シリーズが優秀で、構成要件・保護法益を軸に各論点が整理されて非常に助かっています。

基本刑法I―総論[第2版]

基本刑法I―総論[第2版]

 
基本刑法II?各論

基本刑法II?各論

 

 

また夜型になってきつつあるので、6時起きのリズムに戻さないと・・・

今週は仕事面でも割とタイトなスケジュールになりつつあるので、気合入れて乗り切りたいと思います。

 

最後に:勉強法の参考にした本

ちなみに、「図解 超高速勉強法ー「速さ」は「努力」にまさる!」という本を参考にしたところ、上記の勉強サイクルに落ち着いてきました。

 

読むとまず「3回以上繰り返して8割をおさえる」意識に変われて、実際繰り返しをした時の定着度の違いを実感した結果、この高速勉強法スタイルが自分のものとして取り入れられるようになるイメージです。

 

社会人などで、「一度にまとまった勉強時間が取れない」方や「完璧主義で1つのことをじっくり理解しようとしすぎて勉強が進まない」方には一読をオススメしたいです。

 

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

 

 

【あと82日】演習書の進め方をちょっと変えてみる

2月24(金)の勉強記録

  • 択一刑法300肢
  • 基本刑法Ⅱ 強盗罪、偽造関係、放火
  • 事例で考える会社法
  • 刑訴百選

 

択一は刑法が今日で終わったので、明日からは民法に入ります。

1日300〜500ずつやれば数日で1冊回せますね。

翌日に間違えた肢を復習すると、定着度が本当に増すのでこのペースは保ちたいです。

ちなみに今は択一は、肢別と過去問をどっちもやってます。もう少ししたら過去問だけにする予定。

 

演習書の進め方を変えてみます

演習書のやり方ですが、これまでは答案構成のみしてどんどん回すようにしていたのですが、今回はやり方を少し変えてみています。

 

答案を書く練習と、時間とのバランスをとり、

答案構成をしたあとに1枚目だけ書いてみる

ようにしています。

 

論文を書くときに1枚目をすっと書けるかというのは結構大切で、採点する側も不良答案かは1枚目でだいたいわかる、という話も聞きます。

 

もちろん過去問や答練のやり直しはフル起案をしています。

 

このやり方は知り合いの合格者が実際にやっていた方法で、これを続けていたら、初見の問題でもとりあえず構成をしきって書き始められる自信がついた、と言っていました。

 

とりあえず事例で考える会社法はこの方法で進めてみます。

 

明日は土曜日なので少しゆるめにして、復習や合格者答案読み、自分の答案の見直しなど中心にする予定です。

 

ではでは、今週もお疲れ様でした(•̀ᴗ•́)و ̑̑

万年筆派のみなさん、「極黒」のインクはいいぞ

おすすめ万年筆インクの話。

 

私はハイパー腱鞘炎受験生なので万年筆(ちなみにセーラー派です)をずっと使っているのですが、最近インクカートリッジを変えたらすごく良かったのでメモ。

 

圧倒的黒さ!!!

見てくださいこのくっきり感。

 

f:id:yoshinochan:20170224020324j:image

 

はっきりと読みやすい字は大切ですしね。

(字は司法試験に鍛えられて汚いですがw)

 

中が混んでいる「憲」とかは、くしゃくしゃ〜って適当に書いちゃっても「憲」ぽく書けちゃうであろうこの黒さ、濃さ。よい。

 

1箱12本入りです。私はだいたい答案2通で1本使い切る感じ(実際は2通で8割無くなって、3通目の終盤で新しいカートリッジに変える必要があるイメージです)。

 

 

 

濃いけどインク詰まりしにくいし、乾きもいいのでこれはリピート確定ですね。

 

これの仲間で別の色の「青墨」も気になりました。ブルーブラック的な感じかな?

 

 

万年筆って奥が深いですよね。

今は答案を書きなぐっているような毎日で風情もへったくれもなくて残念なのですが。

 

極黒で明日も答案書きます\( 'ω')/

【あと83日】超直前期の択一について

改めてカウントダウンしてみると、あと数日で80日切ってしまうんですね・・・

いよいよ迫ってきました。

 

f:id:yoshinochan:20170224014712j:image

(※画像は今日のほぼ日ネコです。特に意味はないです。)

 

今日は超直前期の択一の勉強について考えていることをメモします。

 

私は択一が苦手なので勉強の進捗自体は遅いのですが、周りの合格者を観察した結果、超直前期の択一の勉強を、概ね以下のようなスタイルで進めていっています。

 

 

①肢別をぼちぼち卒業して、過去問を解き直すスタイルに移行

穴を見つけてあらかた潰す作業が済んだら、本番と同様に時間をはかって設問を解いていくようにする。

肢別はその肢の正誤を単体で判断するだけですが、本番では他の肢や選択肢との関連で答えを選び、マークするという作業が加わります。

 

この、選択肢から答えを選び、その選択肢をマークする、という作業過程でもミスが生じる可能性は十分ありえるため、頭と体を慣れさせるために過去問を時間内に解く訓練は有用だと思っています。

 

時間内に問題を解く中で、自分の中で解く→マークするまでのリズムができてくるので、そのリズムも磨いていくイメージで次々過去問を回していこうと思います。

 

②条文、制度ごとの横断的な知識の確認をずんずん進める

 

例えば、

  • 憲法なら、10日以内、30日以内
  • 民法なら、善管注意義務と、自己の財産におけるのと同一の注意義務
  • 刑法なら、必要的減免と、任意的減免

というように、各制度に散らばっている条文を、特定の切り口で横断的にチェックしていく作業も効果的だなと実感します。

 

この確認作業の過程で、なぜ善管注意義務が課されるのか、と制度を比較検討しながら考えることで定着度が倍増する気がします。

穴も見つかりますし、知識に一本筋が通って骨太になるので、これも繰り返し行っていきます。

 

③よく間違える肢を正解するまでひたすら解き直す

 

肢別も過去問も、必ずなぜか何度やっても間違える肢というものが出てくるので、なぜ間違えてしまうのかを考えて解き直すことを繰り返していきます。

 

何度も同じ間違い方をしている場合には、もうその思考過程で脳に回路ができてしまっていると思うので、断ち切って正しくつなげるために、紙に正しい思考回路を書き出したり、人に話したりして修正します。

 

これは司法試験の択一が始まる直前まで繰り返す予定。

 

判例六法を何度もなんども素読して、体に叩き込む

 

条文で瞬殺できる問題をきちんと瞬殺していくことは本当に重要です。

 

これは論文にも通じる部分があり、本番はとにかく時間がないので、頻出条文については六法を引かなくてもとりあえず番号と問題になる文言をパッと書けるようにし、六法はチラ見で確認程度にとどめるのがベストです。

 

一番記憶が定着しやすいと言われている夜寝る前に判例六法を繰り返し読み、目と頭と体に染み込ませていきます。

 

択一の科目にはないですが、会社法と刑訴は条文が多かったりわかりにくいので、試験用六法を普段から使い、条文の位置を体に慣らしておくことが超重要になってくると思います。 

 

択一は、肢別本と択一六法派です。過去問は印刷して解いてます。

民法の択一六法はよくまとまっていて秀逸ですよね。 

肢別本〈3〉民事系民法1〈平成28年版〉

肢別本〈3〉民事系民法1〈平成28年版〉

 

 

 

ちなみに肢別は、少し前まで毎日300〜500肢解いてました。

 

条文を固めることと横断的な知識の確認で、まだ各科目5点以上ずつ伸びるのではないかというくらい、やっぱり基本が全てなので、最後まで気を抜かずに繰り返します。

 

 

関係ないのですが、はてなブログって継続のための仕掛けがしっかりしてますよね。

PV数が特定の数を超えたら教えてくれたり、継続しているとメダルをくれたり。こういうちょっとしたルンルンが人を動かすんだなーと身をもって実感しました。笑